「こどもを守る」環境づくりを!

こんにちは!ますこ将太郎です。

今回は私が訴えている政策のひとつである「こどもを守る」についてお話したいと思います。

文京区だからこそ必要なこと

文京区では約4割のこどもが公立中学校以外に進学するという事実があります。

東京都教育委員会が公開しているデータをみてみますと、
東京23区で私立中学進学率一番高いのは文京区(39%)、二番目に高いのは中央区(37%)、三番目に高いのは目黒区(34%)となっています。


また、国立中学進学率もみてみます。

こちらも文京区がトップです。

文京区の小学校4年生~6年生の入塾率は高い傾向にあると言われていますが、 この結果をみるとそれも頷けます。

また、最近の傾向としては、ピアノやスイミングスクール、英会話など習い事に通うこども達も増えているようです。
こどもの多様性を伸ばす機会として、受験や学習塾、習い事は素晴らしいきっかけとなります。
しかし、家庭の金銭的負担や、帰宅が遅くなった時、こどもの帰り道の安全の問題があるのもまた事実です。


こういった文京区の特徴を受けて、わたしが実現したいのは以下の2つです。

<学びの環境整備>

放課後教室などを利用したタディアシストや無料塾を通して、学ぶ環境を整備します。

<こどもを守る目>

通学路に限らず、公園などこどもが集まる場所へ防犯カメラの設置を拡大します。

詳細な取り組みについては、次のブログを紹介させていただきます。



私は年の離れた兄弟の存在がきっかけで教育に興味をもち、これまで塾講師や民間学童保育で働いてまいりました。

ますこ将太郎は、文京区の実態に沿った場所・時間における
「こどもを守る」を実現します!